10ヶ月

Posted on 6月 21, 2016 in その他

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないと思ったら大間違いです。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

自分の歯のお手入れと同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用がかさむことに尽きます。

保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。

そして、定期検診にも費用がかかってくるといったことも他の歯科治療と異なります。

典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

という流れは皆さん変わりません。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
ハッピーメール石川県金沢市出会い系サイトに入る